ゆっくり あなたのペースで

どこから 書いていいのか
また こんなことを 書いていいのか

いろんなこと 受け止めて
それでも 進もうと 進むしかないと

そして 今できること 今しかできないこと
どうしたらいいの?
何ができるのであろうか?
などと くどくど 思い悩んでおりました


毎年 父の命日に 近くなると
父からの メッセージかなってこと 教えてもらってます
目に見えなくても きっと
暖かで 優しく 応援してくれてるって 思えます

今年は

私のことではなく たぶん うちの子に

「ゆっくりで いいよ ゆっくり あなたのペースで
あなたの 望むとおりに していいいよ」

って 私が 言ってる 夢を見ました

でも そういいながらも 私は 内心 それじゃ~予定が・・・って

そんな夢からさめ

そうか~ もっと 余裕の心で 優しい心で いないといかんのやな~って
私のペースを 押し付けてる それでは いけないって言われた気がしました




そして 現実に その言葉を 発することに なりました

グリ君ですよ!


ここからは たたみます 
今年に 入ってからだったと思います
あんずの子でもあり そらまめの兄妹でもある
そして 私にとって 初めて とりあげた子でもある

どんぐり君こと ぐり君 後ろ足 片方だけ あげて歩くと
足が 痛いようなので 病院に 連れて行ったって

なんとなく 嫌な予感が あるものの
病院に 連れて行っていただいてるのだから・・・と

それから また 少しして
治らないから 病院を 変えたと 言われてました


ほっといたわけではないのです

ちゃんと 病院に 通っていただいてました

でも ぐり君の 近所に住んでいる マロンママさん
心配で しょうがないから 私のかかりつけに 連れて行ってみようと

ぐり君の ご家族に 何度もいっていただいていたようで
でも 病院に 行ってる そして 病院を変えるのは
なんとなく 変えにくい すでに 2つの獣医さんに診てもらってるから・・・

それでも あまりに 治らない・・・ひどくなる一方で
先日 私のかかりつけの 病院に 行かれたと


診断は 一目で たぶん・・・でも 違うといけないからと
レントゲンで 確認されたと聞きました

骨肉種でした

早期だったら 切断などできたかもしれません
また 抗がん剤治療などで 少しは 進行を遅くできたかもしれません

今まで 見ていただいていたところでは
発見していただけませんでした




ここで なんでだろう
なんで なんで なんでって




きれいごとかもしれないし
冷たいと 思われる方もいらっしゃるかもしれません


私 これで よかった
そう これで よかった・・・と


もし 早くわかって 足切断なんてことは
ぐり君 とっても 臆病なので それは つらい 治療になったと思います

抗がん剤治療も そんなしんどくて
家族に 迷惑かけたくないって 思ったと思います

ただ ただ 普段通りに
ご家族のもとで 大好きなお父さんと
治療にかける時間を 過ごしたかったんだと


そのなかで ご家族は 何が ぐり君の体で 起こっているのか
わからないままでは きっと つらいであろと
ちゃんと 診断してくれる 病院に 行ったのでしょう






そう 思いつつも
頭で わかっていても 心に 落ちてこなくって
ブログの更新が できませんでした




先生とも いろんな 話をしました
早期発見で 手術しても 転移していた時には・・・
逆に 命を 縮めることも

そして 入院生活や 治療に 費やす時間を 使っても・・・




そう 私自身 長く生きることより クオリティーライルのいいほうが
大切で いいことだと 思っているので

ぐり君にとって これで良かったんだと
よくないが よかったと 心に 収めることができてきだしました

昨日も 病院に足を運ぶ時間に
ぐり君に 会いに行ってきました

会っても 何も してあげることは ありません
それでも「大好きよ 愛してる 生まれてきてくれて ありがとう」
「ぐり 幸せね ぐりは 本当に 幸せね」

それを 言いたくて
そして だんだん 偏食に なってきてるので
おいしいものを 探して わたすしか

情けないかな それぐらいしか 私にできることは ありません

せめて 痛みを和らげてあげたい

そして ゆっくりでいいよ グリのペースで いいよ
グリ君の 好きなように
あなたは 暖かい 優しい家族と 巡り合ってるから
安心して過ごしてね



なによりも 感謝なのは
私に 心遣いまでいただいてる ご家族です
ぐり君に 会わせていただけ ありがとうございます
また 気にかけていただき 病院まで 付き添っていただいた
マロン君 ママさんに 感謝してます

「生老病死」
生まれてくる命は 誰かと 出会うため
老いるは 一緒に生きる 楽しい時間
病気のときも そばにいてくれる 愛されていることを 感じるとき

今 ぐり君は これほどまでに 愛されていることを 感じていると 思います 





とっても 長い 長い 文章で かなり 偏った 考えもあると思います
できるだけ ブリーダーとしての このブログでは 楽しいことだけを
書いていきたいところですが


どこの 獣医さんでも 見落としや 誤診があるときが あること
積極的な 治療を しなくっていいように 立ちまわった グリ君
家族のことを グリ君なりに 思って
この 流れになったのだあろうと
グリ君の 思いのままに 仕組まれていると 信じたい 信じてる

グリ あんた やらかしてくれね
やってくれるね さすが ぐりだねって

僕は 僕の 道を進む かっこいいね ぐり


でも 一緒に 過ごす時間を下さいね おねがいしますね

お散歩好きな グリ君 足が不自由になってきたので
カートにのって これで お散歩できるかな?

緊張のグリ君


グリ君 かわいいね


視線の先は 天敵!

では また・・・
スポンサーサイト

テーマ:ウェルッシュ・コーギー - ジャンル:ペット

04 : 58 : 30 | 日常 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
<<笑顔って やっぱり 素敵♪ | ホーム | 兄妹で お出かけ>>
コメント:
はじめまして.....
トリプルちゃんとブログ友達のウイリーママです。
コーギーのウイリー6歳とシーズーのうらら16歳のママです。
記事を読ませていただき、涙がでてしまいました.....
グリ君、ご家族の愛情にささえられ、頑張ってほしいと思いました。
つい先日、ウイリーのワン友のシオン君が脳腫瘍の手術をしたばかりで.....
同じコーギーを愛する者として、グリ君のこともシオン君のことも心配でたまりません。
健康で生涯を過ごすことの、難しさをかんじています。
ブリーダーさんとしての、つらいお気持ちもお察しいたします。
いつも、元気いっぱいのコーギーさんたちの話題に、癒されていました。
トリプルちゃんもとてもかわいく、グングン大きくなっていますね。
これからも、ブログの一ファンとして応援させてください。
そして、新たにコーギーを家族として迎える日があるのなら、ぜひお願いしようと心に決めています。
ご縁がありますように.....
by: ウイリーママ * 2012/04/23 09:27 * URL [ 編集] | page top↑
ウイリーママ様
コーギーと暮らす Wanと暮らすって 素敵って
お伝えしていきたいと ブログを・・・
でも 悲しいかな 病気も するんですよね
うららちゃん 16歳
高齢になっても 一緒に過ごせるって 幸せですね

グリ君は なんとなく うちの亡くなった父に似ていて
その父は 病院で 入院生活は 嫌だ~って
グリは 言葉は 言いませんが
根治治療に 向かうことを 拒否したかったから
(彼は かなり こわがりさんなので)
きっと 逃げたんだと思います

シオン君 脳腫瘍は 手術できるときに わかったのも
シオン君の メッセージでもあったと 思います

コギさんは 賢いですね~ 結局
思いのままに 先導されるんですよね

病気一つしない 元気な生涯を過ごすことができるのは
本当に 難しいです
獣医さんには 無知なブリーダーの責任のように
表現されることも多いですが
いっぱい病気を重ねる子や 先天疾患の子を
生み出したいと 思っている ブリーダーさんなんて
いるわけないんですよね

くやしいから お世話になってる獣医さんに 
生涯病気しない そんな子しか 生み出さないことってできる?
それができるなら 教えていただきたいですって

バカなことを言ったこともあります
本当に ばかでしょ(笑)

病気も 悪いことや つらいことばかりではないのも 救われます
少しはいいことがあります 人も一緒ですよね

病気のときは おいしいものを食べさせていただいたりとか
また 愛情を再確認したり 幸せってなにかなって教えてもらったり
当たり前のささやかな 幸せの日々は 輝くほど素晴らしい日々であるとか
今日一日 無事過ごせること それだけで 奇跡の積み重ねだとか

シオン君 グリ君 先頭に み~んな そんな素敵な 奇跡の日々を
ご家族のもとで 幸せに 過ごしていただきたいと思います。

本当に ちっちゃな犬舎? 家です
つたないブログを 見ていただき 感謝です
暖かい お気持ちで 見守っていただき ありがとうございます

子犬でご縁をいただけると 嬉しいと思いますが
コーギーを愛するファンシャーとして お付き合いいただける
それだけでも 嬉しいです
これからも よろしくお願いいたします

プルちゃんも お世話になります よろしくお願いいたします

ちなみに アメリカの姉も シーズーと以前 一緒に過ごしてました

あたかいコメント ありがとうございます
by: mayu 3 * 2012/04/24 00:34 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://mayu3corgis.blog.fc2.com/tb.php/126-208dae09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

mayu 3

Author:mayu 3
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (75)
コーギー子犬 (135)
ヨーキーゆめ (6)
ヨーキー子犬 (30)
日常 (291)
巣立った子より (91)
うちのコーギー’s (29)
ドックショー (4)
特定取引に基づく表示 (1)
祖母と介護のこと (2)
アメリカで・・・ (4)
しつけ&保育園 (3)
笑遊会 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR